MENU

便秘のタイプは大きく3タイプにわかれます!

便秘になる原因のタイプにはおおきく3つに分かれています。
ここではその3つのタイプを紹介しています。
ぜひあなたに当てはまる便秘のタイプを見つけて、便秘改善に役立ててください。

便秘タイプ1 ストレス型

ストレスを強く感じていると、自律神経が乱れます。
自律神経には、2種類あります。
交感神経と副交感神経です。
ストレスが強いと、交感神経が優位になります。
この交感神経優位の状態では、腸のぜん動運動はほとんど見られません。
反対に、リラックスしているときに優位になるのが副交感神経です。
この副交感神経優位のときに腸のぜん動運動が高まるのです。
つまり、ストレスを強く受けると腸のぜん動運動があまり働かず便秘の原因になります。

便秘タイプ2 腸内環境 悪化タイプ

腸内環境が悪いために腸のぜん動運動が働いていないタイプです。
そのために、宿便がどんどんたまり、さらに悪化していくという悪循環になっています。
この状態を放っておけば、滞留便がどんどん異常発酵して悪玉菌を増やし、さらに便秘の原因となるのです。
このタイプを引き起こす要因としては、無理なダイエットのために、食物繊維不足や栄養不足だったり、下剤をたびたび使うために、腸があまり働かなくなってしまった。
などの要因があります。

便秘タイプ3 我慢のせい? 直腸残留タイプ

このタイプは、腸のぜん動運動は正常なのですが、直腸という肛門の直前のところまで便が来ているのに、ここで便を溜めてしまうタイプのことです。
本来は、直腸に便がある程度たまれば自然と脳から指令がでて便にを感じるようになっていますが、これらを引き起こす要因としては、便にを感じているのに便を我慢する女性であったり、高齢者に多いのですが、腹筋や校門括約筋の筋力の低下のために押し出せないケースもあります。

花